• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[空写真] ブログ村キーワード

先行で哲学の木と北斗七星をUPしておりましたが、

そーなんです。美瑛に行ってまいりました(^^)

金曜の夜にふと明日天気良かったら美瑛に行きたいなぁっと思って

ネットで美瑛のスポット天気予報見たら夜中は曇り、朝9時から晴れ!

こりゃ行くっきゃないっしょ!(^^)b



会社に帰った後、洗濯を終え11時に出発!

行き道は山の中で星空撮影!っと決め込んでいたのですが、

生憎の曇り(T_T)

しゃーないのでそのまま美瑛へ。



美瑛も雲ってんだろうなぁっと思っていたら・・・

あれっ?

なんか晴れてるぞ??

迷わず哲学の木へ向かったらずーっと晴れたまんまですよ。

おー!ここで星空撮っちゃおう!(^^)

ホントは哲学の木の近くの道端で車中泊を企んでいたんだけど

そのまま星空撮影に突入です!


周りには街灯がなく、月の明りだけ。

見上げると満天の星空

たまに瞬く星。

あたりは虫がかすかに鳴いているくらいで非常に静かでした。

月明かりにボワっと姿を現す哲学の木

その背景には星空

本当に綺麗で暫くカメラも持たずその場の雰囲気を楽しみました。


さーって時間は十分あるし♪

暗がりで一人で三脚立ててカメラをくっつける。

車も朝まで一度も通らなかったけど、

たぶん誰かに見られたら不審者100%(笑)



哲学の木の前に三脚を立ててみる。

はしょりますが哲学の木星空撮りすぎってくらい撮りました(笑)

その中から先日のと違うアングルで。

IMG_65219.jpg
カメラ: Canon EOS 50D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM

ほんとに真っ暗だったんですが、

ISO1000だとこんなに明るいんですよ~♪

ちょっとノイズ入るんですが(^^;)

でも小さい星まで沢山写っていたのでUPしてみました!



この哲学の木と出会ったのは昨年の今頃だったかな?と思いますが、

なぜか自分でも良く判らないのですが惹かれる木なんですよね~

星空をバックに撮れて良かった~♪


朝陽と哲学の木に続く!





ランキングに参加しています。
気に入って頂けたらポチっとお願いします!


にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ 人気ブログランキングへ 
関連記事




コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
星空と野鳥は、レンズに恐ろしい程出費がかかるそうなので、
あまり手を出さないようにしていましたが、
このくらいのイメージなら、普通のレンズで行けそうですね。
薄明るい藍色に照らされるシルエットが良いですね。
今度試してみます。(^_-)-☆
2009/08/12(Wed) 07:20 | URL  | kaz #-[ 編集]
ISO1000でこれぐらいのノイズなら十分使えますよねぇ。
夜だとまた雰囲気が変わりますが、それも楽しみですよね。
2009/08/12(Wed) 19:50 | URL  | ks_1119 #L1x6umnE[ 編集]
>kazさん
こんばんは!
僕も飛んでいる鳥を撮影するのが好きなのでホントは望遠レンズとか凄く欲しいです!(^^;)
でもお金がないのでこのレンズで頑張ります(笑)
どうもありがとう御座います!
ちなみにホワイトバランスで白熱電球に設定したら藍色な感じになりました!
2009/08/12(Wed) 23:16 | URL  | Nao #-[ 編集]
>ks_1119さん
こんばんは!
はい、ちょっとノイズが入りましたが僕自身は許せる範囲でした(笑)
絞りとか変えるとまた違うのかな?とも思いますが、
今回はこれで満足です(^^)
この木を通して夜、夜明け、午前の空を撮影してみましたが、
凄く勉強出来て充実した写真旅行になりました(^^)
2009/08/12(Wed) 23:20 | URL  | Nao #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。